FXはレバレッジが決め手です!利用の仕方は?

FXを始めたいけど、なんとなく一歩が踏み出せないという方も意外と多いのではないでしょうか。
FXとは簡単に言うと安い時に買い、高い時に売って利益を出していく物です。

FXは為替相場で、チャートとにらめっこして取引額や時間を決定するのは株と同じです。が、株と大きく違うところはレバレッジの差、でしょうか。
レバレッジとは、元金の~倍(借金のようなもの)で取引ができる、というものです。
例えば元金10万円でレバレッジ10倍で投資した場合、100万円の投資をしていることになります。
要は預けているお金以上の取引ができるシステムのようなもので、効率よく投資したいときに運用されることがあります。
だいたい日本の個人の口座であればレバレッジというのは倍率が定められていて、株なら3倍まで、FXなら25倍まで取引が出来てしまいます。
個人だと25倍までと規制がありますが、FXには法人の口座もあります。
法人だと規制がありません。
レバレッジが数百倍!!と個人では比べ物にならないくらいの業者もあるようです。

300倍の設定だと1万通貨で3000円、10万通貨で3万円の資金しか必要がありませんので、小額の資金で効率よくFXの取り引きを行うことが出来るのです。
出典:FX法人

しかし、ここで大事なのがレバレッジを利用して勝ったときにおいしい思いをした。
また次も…とエスカレートしてしまわないことです。
人間だれしも理性がありますが一線を越えると歯止めが利かなくなると思います。
しっかり計画的に利用できるのならばよいかと思いますがそうでない人は使うのはやめておきましょう。

レバレッジが高いから勝てる確率が高まるという訳ではありません。
当然負けてしえば損はでます、これが問題視される傾向があるんじゃないかなぁ、と個人的には思います。
少なからず、FXはこのレバレッジを過度に利用して大損をしてしまう人が多く、世間的によくないイメージをうえつけているかと思います。
しかしながら、レバレッジも適度に利用し、ちゃんとした線引きをしていると悪い事ばかり、というわけではありません。
ここで、副業でFXで稼いでる人がいる、というテーマについて少し触れたいと思います。

その人たちは副業でFXをしています。
がっつり1回の賭けにフルレバレッジで勝負していないことがもうお分かりになるかな、と思います。
あくまで継続的に、大きく勝とうだなんて思ってないでしょう。
小さな勝ちでもこつこつ積み上げていくと大きくなります。
傾向と状況をしっかり判断して、投資しているのが決め手でしょう。
FXには大きく勝負する人もいればこつこつと勝負する人もいる。
自分の限界を知ったうえでこつこつ投資する人はそうそう痛い目を見ないでしょう。
FXにおける個人の価値観はここにあると思います。
自分がどちらのタイプであるかを理解したうえで、始めるか、触れないでおくか決めましょう。

スワップを取るか差益を取るか

FXでは差益狙いの人が多いと聞きますが、スワップポイントも忘れてはならない利益です。
スワップ狙いで、長い足で仕込んでおいたら随分と差益が乗ってしまった、なんて場合は結構困るんですよね。

結論から言えば、そのトレンドの潮目が変わってしまったらスワップ狙いであっても撤退、もしくは部分利確しておくべきなんでしょう。
でももうこれは放っておくつもりだった、なんて時はすぐにその決断が出せません。
今これぐらい利益が乗っているのかぁ、と考えだしたらもう無理ですね。

既に耳タコな話ですが、ポジションの取り方よりも終わらせ方の方が重要だと感じます。
いわゆる出口戦略で、入る所は経験が重なればそれほど違いはなくなりますが、出口は未だにぐだぐだやったりします。
スワップはポジションを取っている時間がかなり長いですから、ぐだぐだやる可能性は普通より高いです。
利益が乗っている時ほど細かいテクニカルな部分ばかり見てしまうので、もっと大きな広い視点でファンダメンタルな選択をするようにしたい所です。
それが非常に難しいのですが。

簡単スマートフォンでFX

FXで得た収益で大学の学費も賄える人がいるそうです。
大学生のときに、FXを始め、50万円の元手を9か月で1000万円に増やしたそうです。
勝率7割を現在も維持している、日本人金融リテラシーの若手草分け的存在です。
東大院生の彼は、スマホで完結するFXアプリまで開発しました。
簡単スマートフォンFXは小さな価値を積み重ねて儲けを増やす、合理的な手法です。

為替市場には、合理的に説明できないけれど、結果としてそうなるというある種の
“法則”のようなものが存在しています。
その代表ともいえるのが、”月曜日の窓埋め”トレードです。
為替市場は土日がお休みなので、土曜の朝から月曜日の朝7時頃までは取引できません。
そのため、週の終わりのレートと翌週の最初のレートの差がひらいていることがあります。
これを窓あけといいます。窓あきしていれば埋める方向にポジションを取るのです。

ただ、東京市場が始まると別の要因で動きはじめるので、9時前に決済することが大切です。
このメソッドを活かした彼のFXアプリはとても期待できる究極のツールだといえます。

建玉保有と利確

利益が5万円になったり0になったりを繰り返したあと、チャレンジでそのまま建玉を放っておいたら7万円になりました。
ここまでくるとすぐさまロスカットということはなく、安心感があります。
しかし、7万円はたった12時間の間に動いています。
12時間放っておくと、また0になるかもしれないという恐さを秘めています。
ここはひるまずにチャレンジ継続で行こうと考えています。

以前似たような場面がありましたが、けっこう儲かり10万円以上になりました。
たまたまのこととして、両建てしようとしたところ、両建ての設定になっておらず決済してしまったことがありますが、それがじつはひとまず利確になったということがあります。
そのまま放っていた場合、数週間後にロスカットになっています。

上がったり下がったりを繰り返すFX。
油断できないですが、気持ちに緩みがあり、いつも油断しています。
そのまま放っておこう、もっと利益を大きくしたい、という気持ちが仇になる場合が多いです。

FXの用語って難しく感じますよね。

私はFXをやり始めた時に専門用語が株式投資以上に難しい印象を受けました。
通貨の買値と売値の差であるスプレッドとか金利差のスワップポイントあたりは、そんなに難しくないですけどね。
FX業者のサイトをのぞけば、どれだけスプレッドが狭く、スワップポイントが高いかどうかが大事なんだなって思うわけです。

私もそうでしたが、初心者には相場の動きを読む力もありませんし、スキャルピングなんて超短期売買だからひたすら相場に張り付いていないとできないよなって思います。
私は理解力と少し覚えが悪い方なので勉強しないとダメだなと感じ参考書やネットで調べ知識を付けました。
今は少しながらも利益を出せています。
FXのことも少しずつ分かってきました。
大きな額の取引は勇気がなくて迂闊に手を出せないきがして、まだまだ小さい取引しかしていませんが、その内大きな取引をしてみたいなと思います。