FXはレバレッジが決め手です!利用の仕方は?

FXを始めたいけど、なんとなく一歩が踏み出せないという方も意外と多いのではないでしょうか。
FXとは簡単に言うと安い時に買い、高い時に売って利益を出していく物です。

FXは為替相場で、チャートとにらめっこして取引額や時間を決定するのは株と同じです。が、株と大きく違うところはレバレッジの差、でしょうか。
レバレッジとは、元金の~倍(借金のようなもの)で取引ができる、というものです。
例えば元金10万円でレバレッジ10倍で投資した場合、100万円の投資をしていることになります。
要は預けているお金以上の取引ができるシステムのようなもので、効率よく投資したいときに運用されることがあります。
だいたい日本の個人の口座であればレバレッジというのは倍率が定められていて、株なら3倍まで、FXなら25倍まで取引が出来てしまいます。
個人だと25倍までと規制がありますが、FXには法人の口座もあります。
法人だと規制がありません。
レバレッジが数百倍!!と個人では比べ物にならないくらいの業者もあるようです。

300倍の設定だと1万通貨で3000円、10万通貨で3万円の資金しか必要がありませんので、小額の資金で効率よくFXの取り引きを行うことが出来るのです。
出典:FX法人

しかし、ここで大事なのがレバレッジを利用して勝ったときにおいしい思いをした。
また次も…とエスカレートしてしまわないことです。
人間だれしも理性がありますが一線を越えると歯止めが利かなくなると思います。
しっかり計画的に利用できるのならばよいかと思いますがそうでない人は使うのはやめておきましょう。

レバレッジが高いから勝てる確率が高まるという訳ではありません。
当然負けてしえば損はでます、これが問題視される傾向があるんじゃないかなぁ、と個人的には思います。
少なからず、FXはこのレバレッジを過度に利用して大損をしてしまう人が多く、世間的によくないイメージをうえつけているかと思います。
しかしながら、レバレッジも適度に利用し、ちゃんとした線引きをしていると悪い事ばかり、というわけではありません。
ここで、副業でFXで稼いでる人がいる、というテーマについて少し触れたいと思います。

その人たちは副業でFXをしています。
がっつり1回の賭けにフルレバレッジで勝負していないことがもうお分かりになるかな、と思います。
あくまで継続的に、大きく勝とうだなんて思ってないでしょう。
小さな勝ちでもこつこつ積み上げていくと大きくなります。
傾向と状況をしっかり判断して、投資しているのが決め手でしょう。
FXには大きく勝負する人もいればこつこつと勝負する人もいる。
自分の限界を知ったうえでこつこつ投資する人はそうそう痛い目を見ないでしょう。
FXにおける個人の価値観はここにあると思います。
自分がどちらのタイプであるかを理解したうえで、始めるか、触れないでおくか決めましょう。